メンズイヤーカフのデザインをしっかり見極める

個性が強すぎるものには注意しよう

メンズイヤーカフもシンプルなものだけでなく、おしゃれなファッションやコーディネートにより、デザインで魅了するものが続々と誕生しています。シルバーアクセサリーブランドからも販売されていますし、もちろん、自作も可能ですから、気に入るものがないのなら、オーダーメイドしてみるのもアリでしょう。もちろん、主張が強すぎてしまえば、個性さえもイヤーカフに奪われてしまうこともありますから、そこは注意したい点です。デザイナーのこだわりが強く、平凡な男性ならば浮いてしまうこともあり、ダサい印象を与えないにしても個性が奪われることもあり、選び方にも注意が必要です。メンズイヤーカフの典型的なデザインとなるのが、ドクロや羽、クロスなどのモチーフで、どれもハードなデザインです。

チェーンなどの垂れたもので魅了

耳掛けタイプのイヤーカフならば、チェーンで繋がれているものが主流です。長さや多連づけされたチェーンであれば、やはり主張も強くなります。しかし、チェーンの場合には髪の長さでカバーできますし、耳だけに視線が向かないように、全身のコーディネートもポイントになるでしょう。メンズイヤーカフに、ネックレスや腕時計、そうしたアクセサリーをプラスしてバランスを図りましょう。両耳につけるのか、片方につけるのか、そのつけ方のバランスも重要です。存在感があれば互いに主張が強すぎて、良さが半減してしまいますから、つける位置を対称でなく、非対称につけるなども取り入れてみましょう。耳元がしっかりと見える男性のショートヘアーにおすすめなのは、挟むタイプのイヤーカフで、耳の軟骨の下あたりや耳たぶにつけるつけ方で差をつけましょう。動くたびに毛先から見えるので、強調されたタイプのイヤーカフでも存在感が高まり、意外にも主張が強くありません。アシンメトリーのような個性的な髪型ならば、逆にシンプルすぎるよりも、ストリート系のものを選んでもいいのではないでしょうか。

人気のイヤーカフをしっかり選ぼう

おしゃれに疎いなら、人気なのか分からないこともあるでしょう。流行遅れ、使い勝手が悪い不人気のイヤーカフは、店頭でも十分陳列されていますが、よく売れるイヤーカフは、欠品だらけです。通販サイトでも入荷待ちなどの商品であれば、どんなデザインであったのか、リサーチしてみましょう。それこそが今の流行りであったり、男性から人気高ともいえるでしょう。また、不人気のものは一刻も早く処分したいもので、特売されていることもありますから、手に入れる前に自分に似合うのかをしっかり考えてから購入しましょう。