耳に付けたくなるメンズイヤーカフの種類

挟むのか引っ掛けるのかの違いがある

ピアスホールがなくてもOKというのがイヤーカフの特徴で、リングタイプのメンズイヤーカフならば、他のアクセサリーと重ね付けにもうってつけの種類です。付け方は、耳の軟骨部分を挟むように付けますが、滑らせるように付けたい位置まで持っていくのがコツです。両耳セットならば、恋人と1点ずつシェアしてもいいかもしれません。リングタイプ同様に人気なのは、三角形のイヤーカフで、この独特なフォルムはメンズイヤーカフにこそ多い傾向です。リングタイプとは違い、意外にがっしりとしているため、耳の厚みに適さないこともありますから、挟み込む位置には注意しましょう。また、耳の後ろからチェーンや大ぶりなドラゴンやスネイクのモチーフを見せるイヤーカフもインパクト重視で選ばれています。こちらは、挟むタイプでなく、フック状になっているので、耳の後ろから引っ掛けるだけの手軽さがウリです。

痛みや落としたくないためのイヤーカフ

メンズイヤーカフの種類によっては、耳が痛くなることや落としてしまうこともあります。原因には付け方のみならず、メンズ向けであれば重量の問題がありますが、耳の厚みに合うものをまずは選ぶようにしましょう。基本は、耳の軟骨部分に挟むように付けるアクセサリーで、耳たぶに付けると痛くなりやすいようです。ちなみに、シリコンカバー付きも販売されていますし、似たアクセサリーにはクリップタイプもあります。また、耳側面に付けるアクセサリーですが、そのデザインによっては鼻ピアスのフェイクとしたり、今時というならば、イヤーカフにワイヤレスタイプのイヤフォンを繋げている種類まで展開されています。チェーンで繋がっているため、イヤーカフにイヤフォンの組み合わせから、おしゃれメガネやサングラスとの組み合わせも可能で、落としたくない工夫が施されているアクセサリーです。

男性ならではのデザインを選ぼう

メンズアクセサリーは、基本レディースからも人気ですから、プレゼントやペアルックにも最適でしょう。しかし、先に述べたように耳の厚みは男女でも異なるので、サイズ確認はしましょう。また、1点のみを付けるとは限らず、リングタイプには多連付けしている風に魅せるデザインイヤーカフもあります。すっきりした印象の短髪の男性は、ボリューミーなイヤーカフ、大胆なデザインのものが似合うでしょう。小麦色の肌という男性も多いはずで、イエローゴールドならば肌浮きもしませんし、角ばった顔の形ならば、耳掛けタイプでチェーンなどの直線的なデザインより丸みを帯びたリングタイプが似合うようです。