インクジェットプリンターの印刷品質について

プリンターがあればデジタルカメラで撮影した写真の印刷が出来る便利な時代です。従来であれば写真店に撮影済みのフィルムを持ち込み、現像を行うと同時に紙焼きを作って貰わなければ写真を見る事が出来ませんでした。写真の現像や紙焼きが出来上がるまでには数日間を要するため、出来上がるまでの時間が待ち遠しいなどの経験をしている人も多いのではないでしょうか。 現代においてはパソコンに写真を保存したり、インクジェットプリンターのメモリースロットに写真データが入っているメモリーを挿入すれば、写真の印刷が出来る、しかも印刷画質が高い写真を製作する事が出来るようになっています。デジタルカメラは写真を気軽に撮影出来る道具であり、プリンターについても印刷品質が高い製品が多くあります。

顔料インクを噴射して印刷する仕組みです

プリンターにはインクを使うタイプとトナーを使うタイプがあります。インクは液体の顔料インク、トナーは粉状のインクなどの違いがあります。インクの場合は噴射口から顔料インクを放出させて紙に付着させるなどの仕組みがあります。これに対してトナーの場合は紙にトナーの粉を付着させてドラムで高温度の熱を与えて印刷を行うなどの違いがあり、印刷してすぐに印刷面を触れた場合、インクは完全に乾いていないので滲みが生じる事もあります。 トナーの場合はドラムで紙に定着させている事からも、印刷してすぐに印刷面に触れても滲む事はありませんが、コストパフォーマンスを考えた場合はインクを使ったインクジェットプリンターの方がコストが安く、カラー印刷を行う時などは費用の節約が出来るメリットもあります。

印刷品質や印刷速度が年々向上しています

インクジェット方式のプリンターは、従来であれば印刷品質があまり良くないプリンターとして広まりました。しかし、メーカーの技術の進歩は印刷品質を向上させると同時に印刷速度を速めるなど技術の進歩は目まぐるしい程の変化を重ねています。 印刷におけるクオリティーは写真画質などとも言われていますが、写真画質とは写真店で紙焼きを作って貰うのとそれほど変わりがないなどの意味を持ちます。写真画質の印刷を行うためには、専用の用紙を使うなどが必要になりますが、インクの色数が4色や6色、中には8色インクを使った製品も登場しており、色の再現性が高いプリンターが続々と登場しています。また、プリンターの価格も従来と比較すると安くなっているなどからも、家庭用プリンターとして普及しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加