見積もり依頼できるインクジェット出力サービス

大判印刷も規格内のプリントであれば通常料金を大きく上回ることはありませんが、規格外のサイズを依頼する場合には金額を確認する必要があります。パソコンでデザインしたものを出力するようになるので、出力は非常にきれいない印刷ができます。横断幕や懸垂幕などの出力サービスは通販を利用することで若干のコストカットを実現することができます。 通販の利用は価格や仕上がりはもちろん、納期の確認も非常に大切です。横断幕や懸垂幕の注文は急に決まることも多く、デザインなどの作成に手間をかけることができません。完成させたデータをいかに忠実に出力ができるかを十分確認したうえで、信頼できる業者に依頼することが重要になります。大判プリントの必要枚数は少ないことも多いので、小ロットへの対応も確認する必要があります。

大判プリント出力サービスを依頼するメリット

大判プリンタの出力サービスは自社で作成したデータを、必要な時に依頼することができる非常に便利なサービスです。通販を利用する際にはあらかじめ金額の確認をする必要がありますが、出力がインクジェットであれば見積もりも不要なほど安価な場合もあります。自社でデータを作成できれば。入稿後まもなく出力ができあがるので、短納期の依頼も可能になります。 大判プリントは作成枚数も少なく、発注が決まると早急な対応を求められます。通販を利用する際には納期確認とあわせて、発注枚数の対応を確認することが必要になります。急ぎの場合でもデータ作成後はメールでの入稿も可能なので、時間的な余裕がない場合でも納期に間に合わせることができます。通販を利用するときには気軽に問い合わせができる業者に依頼することも大事になります。

出力サービスは様々な用途で対応可能

インクジェットに対応した出力サービスは横断幕や懸垂幕などだけでなく、ポスターや垂れ幕、粘着シートなども依頼することが可能で、看板などの表面プリントなどにも対応しています。看板の作成は設置を含むと非常にコストがかかる工事になります。看板は設置場所によって材質や機能も変わってくるので、建物の壁や屋根に設置する場合や、支柱に取り付ける場合などで価格も違ってきます。 看板の作成でコスト的に難しい場合は出力サービスを利用することで、価格に応じた看板用の粘着シートも作成することができます。インクジェット出力は小ロットで扱いやすく、短納期で仕上げが可能なので、急な対応を迫られた時でも問題なく発注できます。規格外の用紙サイズの発注にも対応できる場合があるので、気軽に相談してみることが大切です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加