インクジェットで垂れ幕を作成するときのメリットとデメリット

イベントや規模の大きなスポーツ大会への出場のお祝い用の横断幕や懸垂幕の作成のほとんどが、大判プリンタによって作成されます。パソコンが普及した現在では大判プリンターの導入も官公庁や学校などを中心に増えてきましたが、印刷幅やデザインソフトの使用など限界もたくさんあり、すべてが自社で行える環境は整っていません。 横断幕や懸垂幕などは屋外に掲示されることがほとんどなので、高額な消耗品が必要な大判プリンターの導入は敷居が高いといえます。デザインや環境に合った素材の使用など、大判プリントはノウハウを持ったプロの業者に依頼するのが手間もコストも抑えられる最良の方法だといえます。希望するデザインや内容を伝えることで、高品質な印刷を安価に依頼することが可能です。

少量でも対応できるコスト面でのメリット

インクジェットは垂れ幕などの長尺印刷が可能な最も簡単で安価な方法になります。印刷に使用するメディアも豊富でインクの種類もたくさんあります。掲示する場所が屋外や屋内を問わずに長期間の使用にも対応できるものも作成が可能です。通常の印刷に比べてインクジェット方式で垂れ幕を作成するメリットは製版も必要なく、パソコンで作成したデーターを印刷するだけなので短納期の作成にも対応ができます。 製版を必要とする場合とは違って枚数による価格の変動が少なく、少量での発注も可能になりますが、大量に印刷した場合でも単価があまり変わらないので発注時には注意が必要になります。印刷は安価に短納期で行えるメリットも多く、比較的長期間にわたって使用できるのでコスト面にも最適な印刷方法だといえます。

価格や仕様面からみるデメリットの確認

インクジェットで垂れ幕を作成する際にはコスト面や使用期間でのメリットも多い中で、デメリットも考慮しておく必要があります。印刷メディアは豊富にありますが、メディア自体の耐久性はほとんどの耐候性を考慮していないものも多く、特に屋外での使用に注意が必要です。屋内では気温の変化や天候に左右されないために、設置する方法は釣りしたりピンでとめるなど簡単にすませることもできますが、屋外では風雨や直射日光にさらされる場所では耐候性に難点があるために条件によっては頻繁に取り外すことも考えなければいけません。 耐候性のあるインクであっても完璧ではないので、多少の色落ちや退色も期間などを考慮してある程度の妥協も必要になります。印刷方式の検討は使用する期間や条件なども十分検討したうえでの発注が必要になります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加