インクジェットプリンターのコストパフォーマンス

家庭用プリンターとして普及が続いているのがインクジェット方式のプリンターです。顔料インクと呼ぶ液体のインクをノズルから紙に噴射して印字するなどの特徴を持ちます。プリンターにはレーザー方式もありますが、レーザー方式の場合は粉状インクのトナーとトナーを定着するためのドラムユニットが必要になります。
全体的なコストを比較した場合はインクを使った方が安くなる、購入時の価格もインク方式の方が安いなどからも家庭で普及した理由と言えましょう。最近はデジタルカメラで撮影した写真を自宅で印刷する人も多くなっているなどからも、写真画質などを期待出来るようになっており、オフィス内ではインク方式の検討を行うケースも増えています。特に、カラー印刷を行う場合にはレーザー方式よりもインク方式の方がコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。

使い分けをするとコストが減る効果に繋がります

オフィス内での業務はパソコンを使う機会が増えています。パソコンで製作した文書はプリンターで印刷を行う機会も多くなっていますが、プリンターにはモノクロ対応機とカラー対応機があります。写真などを含めた文書を印刷する時にはカラープリンター、文書だけの場合にはモノクロ対応機などのように使い分けするケースもあるかと思われますが、使い分けで多いのがレーザープリンターとインクを使うインクジェット方式ではないでしょうか。
例えば、複合機のプリンターはモノクロ専用にしておいて、インクを使うプリンターでカラー印刷などのように使い分けしているケースも多いと言えるでしょう。このように使い分けをすれば印刷コストなどが軽減するので経費の削減効果にも繋がるメリットがあるわけです。

インクの数で写真画質などのクオリティが変わります

インクジェット方式のプリンターは、インクの色数が4色が基本で、これに2色を追加しか6色タイプや8色タイプなどがあります。4色タイプは色の表現法でもあるCMYKが基準になっているもので、シアンやマゼンダ、黒や黄色の4色をプログラムが必要量をノズルから噴射して色を決めています。
6色の場合には4色の基本色に加えてライト系のカラーが追加され、8色の場合も6色を基本としてグレーと黒の2色を追加した形になっています。黒はマットタイプとフォトタイプなどのように写真画質に最適なインクのバリエーションになっています。色数が増える事でインクの消耗率も変わりますが、よりきれいな写真を印刷したい時など優れた効果を発揮してくれるメリットがあるなど、プリンターの技術は年々進化しています。

フルカラーインクジェットが格安な価格ですぐに届きます。 お支払いの際の振込手数料等はいずれも無料となっております。 当日発送の特急印刷サービスは通常料金より25%アップです。 ネットでのご注文を24時間受け付けております。 インクジェットハウスでは、商品の素材ごとの合計面積から価格を計算致します。 HPではご注文方法を画像付きで説明しておりますのでご参考ください。 インクジェットのことなら手軽ですぐに届くインクジェットハウスで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加