挟めるタイプのイヤーカフを手に入れよう

イヤーカフの選び方だけではなく、そのつけ方もダサくなるか、かっこよくなるかのポイントになるでしょう。今は、おしゃれアイテムとして購入したり、プレゼントされることもあり、女子ウケがいい選び方を知るのもアリではないでしょうか。そもそもイヤーカフは、メンズ向けアクセサリーショップであったり、雑貨屋、通販サイトなどで購入できます。価格もブランドものならば高価でしょうが、ファストファッションの流行りで数千円から手に入ります。イヤーカフとはいっても、耳のふちや耳たぶに挟んで使用するタイプもあります。何より、ピアスのように耳に穴をあける必要もないので、便利につけたり外したりでき、就活や就職での面接時にも支障はないでしょう。さらに、イヤリングよりも需要があり、デザインのバリエーションも幅広く、おしゃれに興味を持つなら、興味を深めたいのなら取り入れたいファッションアイテムでもあります。ちなみに、イヤリングのように耳たぶだけ、というようにつける位置が決められてはいないのも選ぶ上でポイント高でしょう。

フックタイプのイヤーカフもある

メンズイヤーカフ選びでは、耳元の好きな位置でつけることができるので、どの位置につけたいのかを考えましょう。1点づけならば問題なくとも、大きいもの、多連づけするのならば、アンバランスになることもあります。また、クリップのように好きな位置で挟み込むので、存在感のある大ぶりのものならば、重量に耐えられずにイヤーカフが落ちてしまうことがあったり、位置によっては隙間が生じて、つけたい位置にホールドされないこともあります。そうしたデメリットには、挟み込むタイプでなく、引っ掛けるフックタイプを選んでみましょう。もちろん、引っ掛けるということは、耳の後ろにホールドされるということです。掛ける位置はイヤリング同様、変えることができないので、その点を考えて選びましょう。個性的に魅せるには重ねづけをするのもおすすめですが、フックタイプは髪の毛によっては存在感のある演出ができたり、存在感が隠れてしまうこともなきにしもあらずです。短髪となるヘアスタイルから最近は男性でも、ちょっと長めにカットしたり、アシンメトリーなヘアスタイルも流行っています。そんな髪にジャマされてしまうこともありますから、やはり、大ぶりなものか、チェーンなどによって垂れ下がるような動きのあるチャームつきなどを選びましょう。

イヤーカフの注意点も理解しておこう

また、メンズイヤーカフ選びに難色を示すのは、優柔不断でないのなら、おしゃれに疎い男性でしょう。そうした場合には、おしゃれな店員さんに相談するのも手の内です。また、パートナーがいるのなら、選んでもらうのもおすすめです。女性の場合には、レディースイヤーカフに飽きたとしても、メンズイヤーカフを選んでつけても可笑しくはないでしょう。しかし、男性がレディースものを身につけるのはいささか違和感もあります。選び方としてはユニセックスであることでしょう。それならば、女性の好むデザインにもなり、男性の好むデザインにもなりますから、違和感もないはずです。ちなみに、選び方として注意すべきは、素材にもあります。肌に直接身につけるため、かぶれたり、痒みを起こす金属アレルギーの場合には、金属製でなく、樹脂製などを選ぶようにしましょう。また、シルバー製品は黒ずむことがあるので、お手入れできるアイテムも手に入れておきましょう。

JUSTIN DAVISのシルバーピアスはシンプルで普段使いやすいアイテムに取揃えております。 リング・指輪に関しては、高いものは50万円程、安いものは1万円前後で販売しております。 世界を魅了するシルバーアクセサリーブランドです。 シルバーペンダントはエレガントなデザインが魅力的。 ネックレスに関しては、高いものは10万円前後・安いものは1万円前後で販売しております。 メンズイヤーカフのお求めはJUSTIN DAVIS jewls